カードローン・キャッシング・クレジットカードなどなど、お金を借りる方法はいくつもあります

スーパーカードローン!!!!!

基本

最近のキャッシングサービスに見られる利息のあり方の傾向

投稿日:

近年においての利息制限法や貸金業法の改正のせいなどもあって、フリーローンなどの商品の中でも、消費者金融業者や銀行・信用組合・信用金庫などが扱う、いわゆるキャッシング・サービスにおいて、従来の設定とは異なる、如何にも法的な範囲内を意識をしつつ、なるだけ最低限度価格の利息を如何にも利用者から取ろうとするものが増えてきている傾向があります。

それらのうち、典型的なケースのものとして挙げるならば、10万円分のキャッシング借入額枠部分の年間利息が、利息制限法・貸金業法などの規定では50万円以下の借入れ(貸付)額の場合で最低設定が18.0%となっている事を利用して、あえて17.95%に設定をしたりと、利息採取の目的が明らかかつ意図的になされたりしていると思われるものです。

利息制限法
http://elaws.e-gov.go.jp/search/elawsSearch/elaws_search/lsg0500/detail?lawId=329AC0000000100&openerCode=1

こうしたキャッシング・サービスでの利息設定の表記のケースが多く見られますので、こうした設定をやっているサービス運営者である各金融業者自体が、本業かつ貸主側として、自分達の収益がキャッシング・サービスでの利息の採取が幾ら明かではあったとしても、本当に消費者の側である利用者(借主)の立場を考えて、こうした事をやっているのかについては正直、疑問を感じさせられたりするところも少なくはありません。

低所得層である利用者である方にとっては、こうした状況を目にしていると正直、貸主側としての各金融業者自体が持つ消費者側である借主に対する見方や考え方などに、腹立たしさや疑問を感じたりするところも決して少なくはありません。

やはりそうした借主である方にとっては、貸金業法や利息制限法その他の各種関連法に定められた法定利息の設定での利息額の支払いさえも、借り入れ状況によってはあまりにも、負担が大き過ぎたりするところもあります。

このような面を考えたりしても、本当に消費者側である借主の側の立場を考えてサービスの運営をしたりしていくならば、現在定められている法定利息のあり方を踏まえながら、もう少し14、15%台辺りに年間利率をさげたりしていく余地は大いにあるものと考えられます。

確かに、こうしたキャッシング・サービスのような金融サービス自体は決して慈善事業などではありませんが、低所得層である方が多い一般庶民層の人々の立場を真面目に考えてみると、このような形の利息設定のあり方そのものには問題がある面も窺える感じも間違いなくあります。

基本的に審査が通れば、どのような方にも利用が可能なキャッシング・サービスの商品ではありますが、やはり貸主側であるといくら言っても、借主側である利用者にあたる消費者が、利息設定の面であまりにも不利益を受けるような高額な設定のあり方は、問題である面も場合によってはある事を認識をしていく事も、貸主側にはお金を貸す立場としてとても大切な事と言えます。

-基本

Copyright© スーパーカードローン!!!!! , 2018 All Rights Reserved.