カードローン・キャッシング・クレジットカードなどなど、お金を借りる方法はいくつもあります

スーパーカードローン!!!!!

基本

実は知らないカードローンとキャッシングの違い

投稿日:

急なお金が必要になった時に利用するサービスとして、カードローンとキャッシングがありますが、この2つのサービスは同じものと認識している人が多いでしょう。

確かに、近年は2つが同じ意味として使われるようになりましたが、実は一昔前までは明確な違いが存在していて、現在でも使い分けがされるケースがあります。

まず、どちらもお金を借りるサービスですが、呼び方が異なる点について説明すると、そもそもキャッシングとはクレジットカードに付加されたお金を借りられる機能です。

それに対してカードローンは無担保で発行されるローンカードを使って借入をするサービスで、キャッシングには専用のカードが発行されません。一方でカードローンは、その名の通りカードを使ってローンを組むものです。

このような話を聞くと消費者金融もカードローンと呼ぶのかと思うかもしれませんが、確かに現在では消費者金融はカードローンと呼ばれます。しかし、2つの違いには他にもあって、一昔前までは消費者金融はキャッシングと呼ばれていました。

この違いとは融資金額と返済方法で、そもそも消費者金融がキャッシングと呼ばれていた理由は、短期間で借りる小口融資であったこと、そして返済も一括で行うからです。

キャッシングでは融資額も多くて50万円程度で、それに対してカードローンは融資額も大口で返済も毎月分割で行います。

カードローンでは、基本的にローン専用の口座と普通預金の口座があって、毎月の返済は普通預金の口座から引き落としされます。

金額に関してはローンの残高によって変動するものの、定額のリボ払いとなるのが一般的です。そして、金利に関しても違いがあって、小額の融資が基本だったキャッシングでは金利も低めに設定されていますが、大口融資も行われるカードローンでは金利が高い傾向にあります。

ところが近年、明確な違いが存在していた2つのサービスも同じもののように表現されることが増えてきました。その理由はいくつかありますが、一つは消費者金融の利用者の間で多重債務が多発して、厳しい取り立てがされたことです。

多重債務問題が引続き深刻です。 ― 多重債務に陥らないために!|知るぽると
https://www.shiruporuto.jp/public/data/magazine/saimu/saimu001.html

そのせいで消費者金融が提供するキャッシングのイメージが悪くなり、そこから脱却する為に呼び名をカードローンと呼ぶようにしました。

また、返済方法で呼び名が違うとお伝えしましたが、近年ではキャッシングでも分割で返済ができるようになりました。

反対にカードローンでも一括で返済できるようになったことから明確な違いがなくなって、今ではカードローンもキャッシングも同じ意味で使われるようになりました。

-基本

Copyright© スーパーカードローン!!!!! , 2018 All Rights Reserved.